【貴方だけじゃない】店長辛いから辞めたい 現役店長の私も常に思ってます。

目次

店長辛いから辞めたい!!あなただけではありません。現役家電量販店店長が胸を張って言います。「私もです」

今回の内容

店長職に対する不満いろいろ
なぜ店長を辞めたくなるのか考察
店長を辞めたい!!そう思う事は決して弱い事ではございません。

思いを共有する「傷の舐めあい」記事です。
転職を誘導するようなアフェリエイト記事ではございません。ご安心ください(笑)

私が思う店長職が辛くて辞めたい理由

理由1:拘束時間が長い

プライベートの時間は少ない。連休を取って旅行などまず不可能。短い睡眠時間。
家と会社の往復のみ。こんな生活続けていたら間違いなく体を壊す。そんな不満と不安で一杯です。店長職が辛く辞めたくなりますよね

拘束時間が長くなる理由

①基本「開店前から閉店後」まで拘束される。(開店前準備~閉店後精算まで 責任ある店長の仕事)

②業種・店規模にもよりますが、営業時間中は実績確保の為 プレーヤーとして業務するため、管理業務・報告書作成等はすべて営業時間外に行うことが多く結果として拘束時間が長くなります。

③残業抑制の圧力が重く、スタッフに残業させられない為、管理職である店長が残務を行うしかない。

大体このパターンだと思います。

私は地方で家電量販店店長をしています。

現在で通常8:00入店 21:00退店の計13時間拘束
通勤に片道30分 往復1時間です。

家に帰り着いて食事・お風呂・束の間の休息 寝付くのは大体深夜1時
起床は6:30分です。

約5時間半の睡眠時間。慢性的な睡眠不足で頭にモヤがかかったような
状態が続いてます。

これでもかなりマシになりました。

約10年前は、7:45分入店 23:00退店 通勤片道1時間30分
30代後半でこの生活が約2年続きました。

その結果、心が病み3ヶ月の休職、店長も降格致しました。(現在は復活しています)

若い方ほど、体力・気力でなんとか長時間労働が出来ます。
しかも「こんな俺すごい」「俺めっちゃ頑張っている」と酔いしれる事があります。
しかし、長時間労働は確実に心と身体を蝕みます。

早く帰る対策が必要です。

時間を確保するための対策

対策① 必要性の感じない報告書は「ざっくり」で時間短縮。

注意!!

必要性の高い報告。(金銭・商品在庫・人事関連報告・コンプライアンス関連報告)などは
真面目に正確に作成報告願います。

報告のための報告ってありすよね。

売上の状況とか分析など。店長が状況を把握しているのかを調べる為に、エリアMGが「万が一」不振理由を聞かれた時に答える為の報告書。などなど

売上分析や状況など、本部で見ろや!!と思うのですが、店舗に報告を求めて来ることがあります。

社内システムで簡単に自分が任される店舗の実績や状況が、データで取れれば良いのですが、たまに「アナログ作業」でしか集計出来ない、報告書を求められる事があります。

真面目な店長は、時間をかけて一生懸命調べて作成します。このこだわりを「美徳」と思う方もおられます。
当然、指示した側も「正確な数値」を求めてきます。

私も以前は真面目に作成していました。

しかし今は違います。

「ざっくり」です。

今まで、数時間かけていた物も約20~30分で終わらせます。

ざっくり内容報告で、報告していますが「一度も指摘された事や怒られた事はありません」

もちろん、過去真面目に作成していたおかげて大体の流れが読めて来ている事もあるかもしれません。

必要性の低い報告書は「ざっくり」内容でさっさと終わらせる事を
おすすめ致します。

メール送信のタイミングはご注意願います。
時間をかけましたと思わせる為に、どんなに早く作成出来ても
少し時間をおいての送信がよろしいのかと思います

必要性の低い報告書に対する時間短縮で、もっと必要な事に時間を費やしましょう。

対策② 人に任せる(仕事を振る)

そんな事はわかっているよ!!でも自分でやった方が早いから任せられないの!!
なんでも一生懸命仕事をしている店長に人はついてくるのでは?仕事を振る人に人はついてくるの?
そんな声が聞こえそうです。はい、私もそう思います。

店長に必要なのは「余裕」と私は思います。

全てに一生懸命で、「あの店長はよく動く」と言われても「余裕」がなくて
常にイライラ・ピリピリしていたら、職場の雰囲気が悪くなり余計「生産性」が落ちます。

とりあえず、仕事を振って自分に余裕を持たせて、本当にスタッフが困った時に
一緒に仕事をしてあげた方が、より信頼されます。

何から仕事を任せたら良いのか・・判断つかないのであれば

「電話に出ない 電話はすべてスタッフに取らせる」

まずは、ここから初めてみてはいかがでしょうか?

積極的に電話に出る、店長は少ないとは思いますが、自ら電話に出る
素晴らしい店長様は、電話の問い合わせに対してもすべて自分で対応していませんか?

これでは、余裕がなくなりますし、スタッフも「店長が電話を取ってくれる」と
甘えます。

店長は電話に出ない。電話応対はすべてスタッフに任せる。
まずはここから初めてみましょう。

私・・どんなにベルが鳴っても「絶対に取りません」ハイ 自信があります
(昔は取ってましたが・・・)

対策③ どんなに指摘されようが降格・移動覚悟で「残業」させる

拘束時間が長くなる理由に「残業抑制の圧力が重くスタッフに残業させられない」
と書きました。

人員不足による営業力低下は店長で何とかしなさい。と言う風潮です。

これも、命令だから・・と真面目に聞いて、本当に最小人数でしかも足りない人手は
店長で穴埋め・・これでは「店長は人間の生活が出来ません」

ここでの対策は「腹をくくって 残業させる」です。

少人数での運営は、店長だけでなく各スタッフの負担も増えています。
お客様への応対も弱くなり「トラブル」が増えます。

トラブル・クレームは店長の時間を奪う最も厄介な出来事です。

人員が少ない・・店長の頑張りでカバー 人員が少ない・・スタッフの負担増 結果 辞めるスタッフが出てくる。 人員が少ない・・クレームの発生頻度が増える 店長の負担がもっと増える 負の連鎖が始まります。

会社の「人件費削減」より「自身の健康が大切です」

ここはある程度余裕を持たせた人員での店舗運営を行いましょう

もちろん、上司・本部から「残業」についての指摘が入るかもしれません。

決して反論することなく、「改善します」と言いながら 「改善するフリ」はしますが
このスタンスを変える事はしません。

この事がきっかけで、降格・移動になろうとも「自分が大事」と言う軸を持っていれば
怖いものは無いと思います。

私は常に計画以上の残業をつけます。指摘されることもあります。

申し訳ございませんと言いながらも、変えるつもりはございません。

ダメなら降格・移動も受け入れます。

だって「自分の体が一番大切だから」

店長職が辛くて辞めたい理由

理由② プライベート中もお店の事が頭から離れない

久しぶりの休み。何の問題も無ければ良いのですが・・「トラブル」が発生しないか 万一「業績不振」であれば会議での言い訳 常に頭の中は「店舗」の事で一杯。この携帯に店舗から電話があったら・・多分トラブルだ。どうしよう・・

デート中や遊び中でもチラチラ携帯チェック。折角の休みも頭の中は常に店舗で支配されてます。もう店長を辞めたくなりますよね。

休み中も、お店の事が頭から離れませんよね。何もなかったとしても「過去の経験」からくる不安や嫌な予感・・結構これが当たるから困ります・・・

携帯が鳴ったら・・この平穏が壊されるかも・・ 携帯の着信音が鳴った!?
画面を確認すると鳴ってない。 空耳か・・・携帯着信音の空耳が聞こえる
着信していないのにバイブの振動を感じる。こうなると立派な社畜店長です。

店長辞めたいけど、やめられない。そんな悩める店長への対策は以下の通りです。

対策 平穏無事に休めるように 休み当日のシフトは厚めにし、休み前日にすべての不安事項がなくなるまで仕事をする

休み前日は、仕事を残さない。たとえ帰るのが遅くなっても業務を終わらせる。

シフトも厚めに作成しておく。(人員不足はあらゆるトラブルの元)

それでも心配なら、朝一番開店前に店舗に行きその日の責任者に顔を突き合わせて
引き継ぎをする。

まだ心配なら12時 15時 17時に定期連絡を貰う。

勇気がいりますが、一定時間携帯の電源を切る(映画館や山奥にいったらそもそも電波入りませんよね)その感覚で2時間から3時間電源を切ってみる。

突発的なトラブルをきちんと解決出来る「ゴタ消し」の達人がスタッフに居ると
ゆっくり休めますので、「ゴタ消し」の達人を作っておくことが必要です。

(不思議と必ずスタッフにクレーム応対の上手な人がいますので
 自分が休みの日には出勤させておく事が大事です。

今回、店長が辛くて辞めたい理由を2つ掲載致しました。

店長が辛くて辞めたい理由などまだまだあります。

例えば「店舗トラブルの責任を全て背負う」や「業績不振時の詰めの恐怖」
「他店舗の店長と比較し自信喪失した」「ポンコツスタッフの尻拭いに疲れた」などなど

また、別記事で事例と対策を掲載致します。

このブログには特に新人店長に特化した情報を載せてますので
よかったら別記事も御覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる